美白化粧品も毎日肌につけるものだからこそ、ちゃんと理解して使いましょう

分かりにくい成分名でもチェックして!

化粧品の成分表を確認してから、どれを買うか決めている人も多いと思います。その成分ごとに得意なことがあるので、肌悩みに対応した成分が入った化粧品を正しく選ぶことが大事ですよね。でも、化粧品の成分って長くて覚えにくい名称がたくさんあります。もしシミに効く化粧品を購入するなら、ハイドロキノンやビタミンC誘導体、それからプラセンタなどが入っているかチェックしましょう。ハイドロキノンは肌の漂白剤にたとえられる成分で、紫外線の影響で増えるシミを予防する効果と、すでにできたシミやそばかすなどを薄くする効果の2つを持っています。化粧品に配合されているハイドロキノンは濃度が薄く、もっとシミを改善したいなら美容皮膚科などで処方してもらってください。ハイドロキノン誘導体のアルブチンも、よく美白成分として入っていますが、できたシミは薄く効果はない点は覚えておいた方がいいですね。ビタミンC誘導体は化粧品の成分表では、リン酸アスコルビルMgという名前で記載されているので注意しましょう。

成分以外にも知っておきたいこと

漂白効果のあるハイドロキノンや、美白成分に求められるすべての働きを備えているビタミンC誘導体もたくさん入っているのに、いまいち効果を感じられないという時があります。それはいったいどうしてなのでしょうか。その理由は個人の体質にあります。その人によって相性がいい美白成分は違いますし、肌にどれくらい浸透するかも個人差がありますよね。さらに、各成分やテクスチャーの組み合わせでも効き方が異なるんです。色々試して一番いい化粧品を見つけましょう。

品川美容外科の裁判まとめサイト