ストレスは美肌の大敵!ストレスがお肌に及ぼす影響について

ストレスがお肌に及ぼす悪影響とは!?

現代社会にストレスはつきものです。日本人のほとんどの方が、何かしらのストレスを抱えながら生活しています。
ストレスは健康や精神的に良くないイメージが強いですが、実はお肌にも悪影響を及ぼしています。
まず、ストレスは免疫力を低下させます。免疫は病気の原因となる細菌やウイルスから、私達の体を守ってくれるものです。しかし、ストレスによって免疫力が弱くなると様々な細菌に負けてしまい、アトピー性皮膚炎や吹き出物などができやすくなります。またストレスはお肌のバリア機能を低下させてしまうので、外的刺激による影響も受けやすくなります。
さらにストレスが原因で睡眠不足の状態になれば、お肌の新陳代謝も悪くなります。そして古い角質がお肌に残ってしまい、ニキビやくすみなどの肌トラブルを起こしやすくなります。
ストレスは私達が思っている以上に、お肌に悪影響を及ぼしています。

ストレスを解消するためにできること

では、ストレスを解消するためには具体的にどうすれば良いのでしょうか。
まず心がけたいのが、毎日の良質な睡眠です。人は夜ぐっすり眠ることで、ストレスがリセットされます。仕事でどんなに大きなストレスを受けても、しっかりと睡眠をとれば、そのストレスが無くなってしまうわけです。成長ホルモンも分泌されやすくなり、免疫力も強化されます。良質な睡眠は本当に大切です。
また体を適度に動かして汗をかくことも、ストレス解消に役立ちます。運動することで全身の血の巡りも良くなり、生活習慣病の予防効果も期待できます。

品川美容外科の死亡について調べる