美肌になるには!その時の自分にあったケアをすべし

大事なのは自分にあった方法で汚れを落とすこと!

洗顔は洗わなさすぎでも、洗いすぎてもいけません。肌は年齢や肌質、メイクをしている時間、ファンデーションの種類、気温と湿度、体調などいろんなことが組み合わさって人それぞれ千差万別です。洗顔料や洗顔方法を決めつけずに、メイクをしっかりした時はクレンジング剤をたっぷり使って落とす、薄化粧の時はポイントメーク落としをつかって目元口元のメークのみ落とし、あとは洗顔料で洗うといったように、その時の状態にあった洗顔、洗顔料を使いましょう。またいい加減な洗顔は肌荒れのもとになります。やさしく洗顔をすることを心がけてください。

本当に保湿できているかを確かめて!

コットンパフで化粧水をつける。手でバシャバシャとつける。これって本当に保湿できていますか?毎日手で肌を覆って確認をしてください。水分が肌にきちんと浸透していたら、肌がもっちりとして手にくっつくような感覚があります。毎日手で確認すると、同じように化粧水をつけていても、さらっとしている日があったり、ガサガサしている日もあります。何が原因かわからなくても、乾燥を感じたときは化粧水をいつもより丁寧につけましょう。2回重ね付けをして手で優しく肌を暖めるとかなり保湿できます。

美肌になるには何が何でも紫外線対策!

紫外線は日焼けをするだけでなく、肌の老化を進めます。夏だけではなく冬も必ず日焼け止めを塗りましょう。紫外線の多い夏は、顔の高い部分やしみのできやすい頬に重ね付けしたり、冬は肌に負担の少ないSPFが低いものにしたり、そのときの天候や状態によって変えましょう。日焼け止めを塗るだけでなく、帽子や日傘も利用してくださいね。

品川美容外科の提訴について詳しく