痩せるならお腹からキレイに!!食事方法を見直そう

食事リズムをしっかりと整えて

食事を減らすだけでダイエットをすれば、どうしてもお腹から痩せることはできません。代謝を上げて燃えやすくするためには、3食をきっちと食べてリズムを作ることです。今まで、1食や2食しか食べていなかった人にとって、食事の回数を増やすことは抵抗がある人もいるでしょう。しかし、リズムを守ってきちんと食べることで、基礎代謝は確実に上がりますよ。特に朝食をきちんと食べれば、体温は1度ぐらいあがるので、より消費モードになるでしょう。リズムを整え、省エネモードの体に改善していくことが大事ですよ。

痩せる食事の組み立て方

食事は主食のごはん、肉や魚、大豆製品や卵などの主菜、緑黄色野菜の副菜という組み合わせが大前提です。そのベースありきで、プラスしておきたいのが、海藻類やキノコ類、豆類です。さらに夕食のおかずを一皿、翌朝の朝食にまわすようにしましょう。逆にトランス脂肪酸の多い加工食品や揚げ物、高脂肪の乳製品などに含まれる油は体内で固まり、血行不良を招くのでできるだけ避けるといいですよ。また、スイーツを食べたいがために食事量を減らすのはやめましょう。

リズムを保つための工夫

朝食を食べる習慣がなかった人は、食べるとお昼にお腹がすかないという人もいます。朝ご飯は起床後1時間以内に食べるのが理想ですが、少し早起きして食べる時間を早めてみましょう。それでもお腹がすかなければ食事量が少し多いかもしれないので、炭水化物の量を少しだけ減らしてみるといいですよ。また、飲み会があるからとお昼の量をセーブするのはやめましょう。夕食までの活動エネルギーを確保するために、筋肉が壊されてしまう可能性があります。夜の食べ過ぎは翌日で調整するといいですよ。

品川美容外科の訴訟まとめサイト